エンジニアが転職の際に面接でよく聞かれる質問と回答とは

エンジニアが転職のために企業の面接を受ける際、担当者から必ず質問が行われるでしょう。

質問内容は担当者や企業によって異なりますが、その中でもよく聞かれる質問が存在します。

担当者は回答の内容をチェックして入社意欲を判断するため、適切な回答ができるように面接の練習を行いましょう。

面接でよく聞かれる質問ですが、まず応募した理由です。

関心の度合いを判断するための質問であり、エンジニアとして能力や経験はあまり関係しないでしょう。

たとえ能力や経験が魅力的であっても関心がないと判断されれば、内定をもらえない場合もあります。

できるたけ具体的な言葉で回答し、理由はポジティブなものにしましょう。

今現在の環境から脱して新しいチャレンジをしたい、エンジニアとしてより大きなところで活躍したい、などの理由が良いでしょう。

業務を遂行させるための再現性の有無の判断のために、成功談について質問されることもあります。

エンジニアとして成果を上げた経験があれば、アピールのために積極的に回答してください。

大きな成果があることが担当者に伝われば、高く評価されるかもしれません。

回答内容はただの自慢で終わるのではなく、論理的に伝えられると良いでしょう。

何故成果を上げることができたのか、その成果から何を学びえたのか、なども意識してみてください。

長所と短所について質問される場合もあるため、自己診断は済ませておきましょう。

自己認知能力の有無と課題克服のための努力ができるかを判断されるため、長所も短所も正直に回答してください。

たとえば高名や経営者やスポーツ選手も人間であるため、長所だけではなく短所もあるでしょう。

そのため面接を受ける一般のエンジニアにも、短所の一つや二つはあるものではないでしょうか。

短所を伝えたからといって不利に働くわけではなく、その短所を克服するために続けている努力を伝えると良いのです。

面接の最後に担当者の方から聞きたいことはないかと質問された場合、簡単な自己アピールを行ってください。

企業の活動内容などに触れて関心があることをアピールし、同時に募集職種に対する適合性の高さなども担当者に意識させるのです。

質問に対して適切な回答ができるようになるために、面接の練習は何度も繰り返し行ってください。

事前に質問内容を予測してメモにまとめて、回答する内容をある程度決めておくこともおすすめです。

その上で上記した内容を参考にして、リラックスして面接に臨みましょう。