エンジニアが転職の際に面接でよく聞かれる質問と回答とは

エンジニアが転職のために企業の面接を受ける際、担当者から必ず質問が行われるでしょう。

質問内容は担当者や企業によって異なりますが、その中でもよく聞かれる質問が存在します。

担当者は回答の内容をチェックして入社意欲を判断するため、適切な回答ができるように面接の練習を行いましょう。

面接でよく聞かれる質問ですが、まず応募した理由です。

関心の度合いを判断するための質問であり、エンジニアとして能力や経験はあまり関係しないでしょう。

たとえ能力や経験が魅力的であっても関心がないと判断されれば、内定をもらえない場合もあります。

できるたけ具体的な言葉で回答し、理由はポジティブなものにしましょう。

今現在の環境から脱して新しいチャレンジをしたい、エンジニアとしてより大きなところで活躍したい、などの理由が良いでしょう。

業務を遂行させるための再現性の有無の判断のために、成功談について質問されることもあります。

エンジニアとして成果を上げた経験があれば、アピールのために積極的に回答してください。

大きな成果があることが担当者に伝われば、高く評価されるかもしれません。

回答内容はただの自慢で終わるのではなく、論理的に伝えられると良いでしょう。

何故成果を上げることができたのか、その成果から何を学びえたのか、なども意識してみてください。

長所と短所について質問される場合もあるため、自己診断は済ませておきましょう。

自己認知能力の有無と課題克服のための努力ができるかを判断されるため、長所も短所も正直に回答してください。

たとえば高名や経営者やスポーツ選手も人間であるため、長所だけではなく短所もあるでしょう。

そのため面接を受ける一般のエンジニアにも、短所の一つや二つはあるものではないでしょうか。

短所を伝えたからといって不利に働くわけではなく、その短所を克服するために続けている努力を伝えると良いのです。

面接の最後に担当者の方から聞きたいことはないかと質問された場合、簡単な自己アピールを行ってください。

企業の活動内容などに触れて関心があることをアピールし、同時に募集職種に対する適合性の高さなども担当者に意識させるのです。

質問に対して適切な回答ができるようになるために、面接の練習は何度も繰り返し行ってください。

事前に質問内容を予測してメモにまとめて、回答する内容をある程度決めておくこともおすすめです。

その上で上記した内容を参考にして、リラックスして面接に臨みましょう。

ITエンジニアが転職する際の求人の探し方と各サービスのメリット

ITエンジニアが転職する際、最新の情報を効率良くチェックできると良いでしょう。

求人情報の探し方ですが、ハローワーク以外のサービスも利用してみることをおすすめします。

サービスごとにあるメリットを紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

ITに限らず新しい仕事を探す場合、自分にとって利用しやすい求人の探し方を選ぶことが重要です。

求める企業の情報がチェックできない方法では、ストレスを感じるだけでしょう。

たとえばハローワークですが、ITエンジニアの求人情報は見つかるかもしれません。

しかしハローワークはITエンジニアだけではなく、様々な業界の求人情報が取り扱われています。

専門性が高いわけではないため、ITエンジニアに特化した転職のために利用することはおすすめしません。

求人情報を取り扱うプロには、転職エージェントと呼ばれる存在がいます。

エージェントは転職に関する専門性が高く、ハローワークでは取り扱われていない情報がチェックできるなどのメリットがあります。

エージェントの中でもIT業界に強いエージェントサービスが存在します。

エージェントサービスが気になる人は以下の記事をチェックしてみてください。

ITエンジニア希望の人にオススメの転職エージェント【ITに強い】

ご自身にあったエージェントがきっと見つかるはずですよ。

エージェント以外のサービスでおすすめなのは、転職専門のコンシェルジュです。

サービス性の高いものになると、スケジュール調整や連絡などを代行してくれるのです。

エージェントと同じように非公開情報を取り扱っているところもあり、ハローワークよりも利便性が高いのではないでしょうか。

上記したエージェントやコンシェルジュは、インターネット上から登録や申し込みが可能です。

ハローワークにも専用のネットワークがあり、求人情報を探すことができます。

インターネット上から気軽に利用できるという意味では、一般的な求人広告サイトにもメリットがあるかもしれません。

スマートフォンを利用して情報をチェックできるため、暇な空き時間や外出先で過ごす時間を利用できるという特徴があります。

非公開情報はチェックできませんが、それでもITエンジニアを求める企業の情報にたどり着く場合もあります。

気軽さを重視して転職活動を進めたいのであれば、選択肢の一つとして考えておきましょう。

各サービスごとに専門性や利便性の高さに関する差がありますが、最も使いやすいと感じるものを選んで利用してみましょう。

使いやすいサービスを利用して時間を有効活用することが、転職する際の求人の探し方のコツなのです。

そのためにはインターネット環境が必須と言えるでしょう。

ITエンジニアが転職して在宅フリーエンジニアになる方法や注意点

在宅フリーエンジニアとは、フリーランスの中でも在宅で仕事を行うエンジニアのことです。

ITエンジニアが転職して在宅フリーエンジニアになることは、努力次第では不可能ではありません。

しかし注意しなければならないこともあるため、事前準備は入念に行いましょう。

在宅フリーエンジニアになる方法ですが、クラウドソーシングを利用することです。

クラウドソーシングは一般人でも利用できるため、ライター業務を行う人が安く買い叩かれるというイメージを持つ人もいるかもしれません。

しかし実際はただの超買い手市場ではなく、ITエンジニアの開発案件に関しては超売り手市場と言われています。

ITリテラシーがあまり高くないクライアントが発注を行う場合もあるため、値付けが甘いこともあります。

そこを上手く突けば学生でも稼げる場合もあるため、ITエンジニアとして実績がある人が参入すればより大きなチャンスが期待できます。

転職活動時に専門のエージェントを利用している場合、交渉を依頼するという方法もあります。

フリーランス専門のエージェントも存在し、登録することでITエンジニアの代わりにクライアントと交渉を行ってくれるところもあるのです。

クライアントが企業であれば、非常駐型勤務で話を進めてもらえるかもしれません。

ITエンジニアは直接営業活動を行う必要がないため、業務に集中できるというメリットがあります。

エージェントによる交渉が成功すれば、半年以上の長期案件に携われる場合もあるのです。

在宅フリーエンジニアになる際の注意点ですが、エージェント経由による契約のために仲介料がかかることです。

仲介料はコストであるため、最小限に抑えたいと考える人もいるでしょう。

しかし企業との交渉を進めてくれたエージェントに対しては、たとえ高いと感じてもきちんと支払うべきものなのです。

また在宅フリーエンジニアの場合、転職後に年収が下がる場合もあります。

企業勤務とは異なりフリーランスという立場であるため、実績で評価されにくいためです。

しかし経験を積みクラウドソーシング上で知名度を上げるなどすれば、高い報酬を得られる可能性もあります。

クラウドソーシングにも様々なジャンルがあるため、できればITエンジニアに特化した内容のものを利用してください。

在宅フリーエンジニアとして転職してもいきなり稼ごうとはせずに、まずは新しいキャリアを積み重ねるところから始めましょう。

エンジニアがIT業界の転職を成功させるため事前にしておきたい対策

エンジニアがIT業界の転職を成功させるためには、入念な事前対策が必要です。

ただ面接を受けても良いアピールができなければ、失敗してしまうこともあるためです。

以下に事前にしておきたい対策をまとめますので、是非とも参考にしてみてください。

まず行うべき事前対策は、自分自身のITスキルの可視化です。

当たり前の話ですが、ITスキルがない人が面接を受けても落とされてしまうでしょう。

たとえばアプリケーション開発に携わった経験がある人は、その経験から得たことがスキルになっている場合は有利です。

経験から得たことや武器とできるスキルを履歴書に書けば、担当者に対するアピールとなるでしょう。

自分の経験やスキルが面接を受ける企業が求めるスキルレベルと一致すれば、内定をもらえる可能性は高くなるかもしれません。

新しくITスキルに関する資格の勉強することもおすすめです。

資格を取得していることは、意欲を示す意味でも大きなアピールとなるためです。

ITスキルに関する資格も細分化されているため、企業が求めるスキルレベルに合わせて勉強を進めると良いです。

ちなみに資格によっては難易度が高く、年に一度しか試験が実施されないものもあります。

難易度の高い資格のために勉強しているのであれば、取得のために勉強に励んでいることを伝えましょう。

スキルアップのために努力している姿勢が伝われば、担当者からの評価が高くなる可能性があります。

また転職活動のためにはハローワークではなく、専用のエージェントを見つけることも事前対策となります。

IT業界に特化したエージェントの方が専門性が高く、相談時に業界に関する有益な情報を得られる場合もあります。

ハローワークが悪いわけではありませんが、求人情報に専門性がなく数が少ない場合もあるためおすすめできません。

大手エージェントが複数存在するため、登録も複数のものにしておきましょう。

1つに絞って利用することも可能ですが、それだと自分が求める企業が見つからないかもしれません。

事前対策として多くの企業の情報をチェックしたいのであれば、少なくとも3つのエージェントを利用することをおすすめします。

以上が事前にしておきたい対策ですが、参考になりましたでしょうか。

入念な対策を経て本番の面接に挑んだ方が、担当者とのやりとり時に余裕が生まれるでしょう。

今から転職活動を始めるつもりの人は、まずはできることから始めてみてください。

30代ITエンジニアが転職で失敗する原因や注意しておきたいこと

30代になってから転職活動を行い、見事新しい職場で新しい人生をスタートさせる人もいます。

しかしITエンジニアの場合、軽い気持ちで転職活動を始めても失敗するかもしれません。

失敗してしまう原因や注意しておきたいことには、どのようなものがあるのでしょうか。

まず30代ITエンジニアが転職で失敗してしまう理由ですが、転職前の準備不足でしょう。

20代のころから既にITエンジニアとして働いている人は、キャリアがあるからと油断してしまうかもしれません。

確かにキャリアは重要ですが、転職先となる企業から求められているスキルの有無が重要なのです。

ITの分野は多様化しており、たとえばシステムエンジニアやウェブデザイナーなどの職業もあります。

近年ではオンラインゲームやスマホゲームなども分野も成長しており、ゲームに詳しい必要もあります。

今までのキャリアが求められている分野とあまり関連性がない場合、キャリアがあっても高く評価されないかもしれません。

そのため事前準備として、新しいスキルを身に付ける必要があります。

同時に自分自身の転職市場における価値を見直し、企業に対して武器となれるものをアピールできるようにしておくべきでしょう。

武器がなくただ転職したい意思だけを伝えても、内定はもらえないのではないでしょうか。

注意しておきたいことですが、キャリアプランをきちんと立ててください。

キャリアプランの内容は明確にしておいた方が、企業の担当者に良いアピールができるでしょう。

面接時に担当者から志望動機を質問された際、キャリアプランを交えて明確な理由を答えられると良いでしょう。

30代になってから新しい挑戦をしたいと考えていたため、キャリアアップのために職場を変えたいため、などと内容を考えてみてください。

今現在はまだ30代であっても、40代や50代などの将来のことも考えておくと良いです。

キャリアプランに将来性があり自分なりのビジョンを伝えることができれば、より強いアピールができるかもしれません。

失敗を恐れて転職をしないよりも、勇気を出して精力的に転職した方が有意義ではないでしょうか。

30代ITエンジニアの転職が100パーセント成功するわけではありません。

しかし失敗している人は準備不足であり、成功のために必要なキャリアプランがないと言えるでしょう。

キャリアプランを立てることで、自分が将来のためにどうすべきかを考える機会ができるかもしれません。