ITエンジニアが転職して在宅フリーエンジニアになる方法や注意点

在宅フリーエンジニアとは、フリーランスの中でも在宅で仕事を行うエンジニアのことです。

ITエンジニアが転職して在宅フリーエンジニアになることは、努力次第では不可能ではありません。

しかし注意しなければならないこともあるため、事前準備は入念に行いましょう。

在宅フリーエンジニアになる方法ですが、クラウドソーシングを利用することです。

クラウドソーシングは一般人でも利用できるため、ライター業務を行う人が安く買い叩かれるというイメージを持つ人もいるかもしれません。

しかし実際はただの超買い手市場ではなく、ITエンジニアの開発案件に関しては超売り手市場と言われています。

ITリテラシーがあまり高くないクライアントが発注を行う場合もあるため、値付けが甘いこともあります。

そこを上手く突けば学生でも稼げる場合もあるため、ITエンジニアとして実績がある人が参入すればより大きなチャンスが期待できます。

転職活動時に専門のエージェントを利用している場合、交渉を依頼するという方法もあります。

フリーランス専門のエージェントも存在し、登録することでITエンジニアの代わりにクライアントと交渉を行ってくれるところもあるのです。

クライアントが企業であれば、非常駐型勤務で話を進めてもらえるかもしれません。

ITエンジニアは直接営業活動を行う必要がないため、業務に集中できるというメリットがあります。

エージェントによる交渉が成功すれば、半年以上の長期案件に携われる場合もあるのです。

在宅フリーエンジニアになる際の注意点ですが、エージェント経由による契約のために仲介料がかかることです。

仲介料はコストであるため、最小限に抑えたいと考える人もいるでしょう。

しかし企業との交渉を進めてくれたエージェントに対しては、たとえ高いと感じてもきちんと支払うべきものなのです。

また在宅フリーエンジニアの場合、転職後に年収が下がる場合もあります。

企業勤務とは異なりフリーランスという立場であるため、実績で評価されにくいためです。

しかし経験を積みクラウドソーシング上で知名度を上げるなどすれば、高い報酬を得られる可能性もあります。

クラウドソーシングにも様々なジャンルがあるため、できればITエンジニアに特化した内容のものを利用してください。

在宅フリーエンジニアとして転職してもいきなり稼ごうとはせずに、まずは新しいキャリアを積み重ねるところから始めましょう。